業界初!出品作業は写真を撮るだけ 今までにないレコード専用フリーマーケットアプリ4/23リリース

 

 

業界初!出品作業は写真を撮るだけ

今までにないレコード専用フリーマーケットアプリ!

4月23日(火)に全国でリリース決定

 

 

 

 

 

 

FTF(エフティエフ)株式会社は、アナログ・レコード専門のフリーマーケットアプリ「GO DIG(ゴーディグ)」を2019年4月23日(火)にApple Store (アップルストア)、Google Play(グーグルプレイ)にてリリースします。

「GO DIG(ゴーディグ)は、充実した品揃えと使いやすさを追求した、レコードを売りたい・買いたいと考える全ての人のマーケットプレイスです。

 

各業界でデジタル化の波が進む中、時代の流れに逆らうかのように音楽業界ではレコードやカセットなど”アナログ”と言われるカテゴリーへの注目度が年々増しており、レコードの売り上げと生産量も上昇しています。

 

 

当社は当アプリの開発にあたり、簡単で見つけやすく、レコードに特化した今までにない使い易いフリマアプリを作りたいという思いから、画像認証技術をアプリ内に搭載し、レコードのジャケットを撮影するだけで、関連するデータベースから商品情報が出てくるという画期的なシステムを開発し特許を取得しました。

100万件以上の販売履歴を元に作成したデータベースということもあり、フリマアプリ特有の面倒な入力過程を取り除くことに成功しました。

 

便利なのは出品時だけでなく、手に入れたいアイテムをアプリ内の”WANTリスト”に追加することによって、対象のアイテムが出品された際、出品通知を受け取ることが出来る。つまり、長年探し続けた作品に出会えるチャンスが今まで以上に訪れることになります。

 

 

そしてフリマアプリ最大の懸念点といえば、売れ残りです。

 

いつ売れるかわからない、そんな状況も、このアプリはその不安をも解消します。何故ならば、出品してからしばらくの間商品が売れなければ、レコード専門店からの買取オファーが実施され、経験豊富なレコード専門家が適切な査定を行う為、売れない商品が家のスペースを奪うことを防いでくれます。さらに発送時には当アプリの事務局が提供するレコード専用梱包キットが利用できるので、安心かつ梱包用ダンボールを探す手間もかかりません。出品、購入、発送というフリマアプリにおける全てのプロセスを見事なまでにカバーした画期的なアプリです。

 

 

 

 

 

“落とすのはデータじゃなくて、針がいい。” をキャッチコピーとする『GO DIG』。
デジタル化が進む現代にアナログならではの価値、そして唯一無二の楽しさを届けると同時に、
全ての音楽ファンにレコードとの出会い、もしくは”再会”を提供するサービスです。

 

 

 

詳しくは下記サイトにて↓

 

詳しくは下記サイトにて↓

公式ウェブサイト:https://godig.app/ 

フェイスブック: https://www.facebook.com/GO-DIG-375132606660935/  

ツイッター :  https://twitter.com/GODIGRECORDS

インスタグラム:https://www.instagram.com/godigrecords/?hl=ja       

 

 

 

更に明日開催される、「RECORD STORE DAY 2019」のインストアイベントにて、当アプリの体験ブースを設置いたします。プレゼントもございますので是非体験してみてください!

 

 

 

当アプリは4月23日にリリース

お楽しみに!